自分の誕生日に娘からプレゼント

子育て

この間は私、芋母の誕生日だったのですが、

そこですごく考えさせられた出来事があったためブログに残そうと思います。

朝から一緒に居れた誕生日を気づかない私

今年は誕生日が土曜日ということもあり、小学生の娘も朝から居ました

朝起きて暫くして自分自身も一番仲良くして貰っていて、娘の同級生のママでもある友達からラインが届き、ラインギフトも届きました♬

その前に早いけどってアウターのプレゼントも頂いていたのになんてサプライズしてくれるんだー!!!と、そういえば今日か、誕生日。と。(笑)

歳をとると子供たちの誕生日はひたすらうれしいですが

自分の誕生日なんて本当に忘れるので今年もそんな感じで迎え、

「そうかぁ、今年は子供たちと朝から一緒に居れる誕生日かぁ。いいなぁ~」

なんてぐらいにふわふわと幸せを感じていました。

何をするわけでもなく、娘とゲームをしたり、話したり、息子と車で遊んだり、なんてしていたら

娘と旦那が出かけてくる!!と。

娘「ケーキとプレゼント買ってくるね!!」

(笑)

「おおお!!!大胆ね!!(笑)」

と思いながら、でもプレゼントもケーキもいらないよ!!(ガハハ)

と言っても行きたい娘。

「まぁ最近買い物なんてスーパーしか言ってないし自分もなんか買いに行きたいんだろうなぁ。じゃぁみんなで食べるお菓子でも買ってきたら?」と、送り出しました。

なんのお菓子選んでくるんだろうなぁ・・・。

と、少し楽しみに待ってもなかなか帰ってこない二人。

もう3時間・・・。住んでいるところは狭く、車で10分以内のところで大体用が足りるような田舎です。

「何かあったんじゃないか」と、思い始める私。

・・・

・・・

・・・

3時間半・・・

ガチャ!!!

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

心配したべよーーーーーーーーーーーーー!!!

とは言わずとりあえず「おかえり」

 

私「遅かったね!?」

二人とも何かを成し遂げたような顔つきでした・・・(笑)

娘「ママにプレゼントがあるの」

私「本当に買ってきたの!!選んでくれて時間かかったの?」←まさか3時間も?(笑)

娘「ん~まあ選んだかなドヤっ!!」

私「(笑)ありがとおおお!!!どれどれ~」

 

と、選んでくれたプレゼントをただただありがたく、ただただ嬉しく開けました。

少ないお小遣いで買ってくれたプレゼントは・・・

思わず言葉を失うほど。

もう本当に私の事を見てくれているんだなって感じることができるプレゼント。

まさか泣きそうになる・・・いや、泣くとは思っていませんでした。

最近、娘とはすれ違うことも多く、小学4年生という年頃な年齢になってきたのもあり

親の存在がうっとうしくなりはじめる年齢だろうし、あんまし干渉せず、でも見ていないと危なっかしい。りつける。反抗する。

「難しいなぁ。」

「まぁうざいだろうなぁ。」

と思っていたのですが、どんなに叱っても、どんなにイラつくことを言われても、

親の事見てるんだなぁと思い反省しました。

特に娘は前に記事でも少し触れたのですが、発達障害の可能性があるので、普段の会話もスムーズに行うことが難しいことが多く、あまり言葉数を増やすとこんがらがる時が多いので負担にならないように会話をするとどうしてもコミュニケーションが少なくなる時があります。

娘本人もそういうことがあるといろいろ話すのが嫌で離れたがるので距離が遠くなっているかなぁと思っていたのですが、そんなことなく。

何気なく言った言葉を覚えていて

「前ママこれかわいいなぁって言ってたから」

なんて言われた時にはもう・・・本当にうれしいけど少し辛くなりました。

ごめんーーーーーーー( TДT)

私は娘の何を見てきたんだ。

もっと遠慮なく愛を伝えるべきだし、親のほうはもっと素直に子供と向き合うべきだと勉強になりました。

子供に遠慮して、「親なんて存在邪魔よね」なんて思い、離れようとした自分が恥ずかしいというか・・・。

 

娘からのプレゼントです♬

マグカップも、ネイルも、ヘアゴムも、全て私が大好きな色味だったり形だったり

こんなに見てくれている・・・

いやぁ本当に反省です。

親にとったら子供たちと一緒に居れるだけでいつも幸せな時間をありがとうなのに。

本当、反省でした。

しっかりした人間に育てなければ。なんて頑張っている親御さんがたくさんだと思いますが、

親がしっかりしていれば子供たちは教えなくてもきっとその背中をみてしっかりした人になっていけるはずだと感じました。

子供たちより親がきちんとするべきだと教えられました。

その中で過干渉にならないように、他人に迷惑はかけないように線を引きながら育てていくのは難しいですが、たくさんの愛情をいっぱいわからせていきたい←と強く誓った誕生日となりました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました